トップ / インプラント治療を受ける

インプラントの手術情報

インプラントって何か

インプラントとは人工の埋蔵物のことで、歯科におけるものは人工歯根のことです。虫歯や歯周病など何らかの原因で歯が欠損してしまった場合、従来では差し歯や部分入れ歯をして補うのが一般的でした。しかし、これらは健康な歯を支えにして装着するために、健康な歯までにダメージがあったり、イメージが悪くなるなどのデメリットもありました。いっぽうでインプラントは、顎の骨に直接歯根をうめこんで、その上に人工の歯をかぶせるもので、天然の歯とほとんどかわらないほどの強い力でものを噛むことができます。また見た目も自然です。

インプラントと入れ歯を比較

入れ歯にするかインプラントにするかと迷っている場合は、両者の長所や短所を比較してみると良いでしょう。入れ歯は物を噛むときに圧力がかかって痛くなったり、話しているときにずれてしまったり、部分入れ歯だと金属が見えて見た目もよくありません。それに比べてインプラントは本当の歯のように違和感なく使うことができ、見た目もきれいです。ただし、治療費は保険が適用されないので高額になります。保険では入れ歯が優先されてしまうからです。それでも、高額医療費控除の対象となりますので、想像しているほど高額にはならなです。