トップ / インプラントは治療後も

インプラントの手術情報

インプラントの段階について

インプラント治療は、埋め手術、義歯の作製と装着、メンテナンスという段階を組むことになります。チタン製のインプラントを顎に埋入する手術をうけることになります。そのあと、一定期間を経て、型を採って、義歯の作製を行います。かみ合わせなどを考えて作るために、使い心地なども以前の歯と変わらないものを作ることができます。最後はメンテナンスをする必要があります。普段の歯磨きなどの口腔清掃や、定期的に通院して診てもらうことで、他の歯にとっても虫歯を発見したりもすることができます。

インプラントは骨の密度が必要

インプラント治療と言うのは、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む事で噛む力を骨に伝えることが可能になり、この可能性を利用する事で、自然に生えている歯と同じような機能を蘇らせることが出来るようになるのです。しかし、顎の骨の中に入れる人工歯根は、骨の量や密度などが少ない事で治療を行う事が出来ないのです。そのため、治療を行う時には骨の量や密度を調べてから開始されることになるのですが、仮に骨の量や密度が少なくてもインプラント治療を行う前に骨の増量手術を受けることで半年などの期間の中で骨が作り出され治療が可能になります。