トップ / インプラント手術の順序

インプラントの手術情報

インプラント治療の手順

インプラント治療の手順はまず、最初に簡単なレントゲンと口腔内検査をして治療法や費用、治療期間などを患者と医師がしっかりと話し合いをし、患者は納得した上で治療を開始します。精密検査をしてより詳細な計画を立て手術日を決め人工の歯根を骨に埋め込みます。歯根と骨が結合したら、人工の歯を取り付ける部品を装着して型を取り、人工歯の色や形を決めます。歯が完成したら仮付けをして確認し、歯根に接合して完成です。インプラント治療は骨と歯根が結合するのに時間がかかるので治療期間としては半年から1年かかるのが一般的です。

いちごちゃん

どのような手順を踏むか

インプラントはCTやレントゲンを撮影して、顎の骨の状態を確認してから行います。骨が少ない場合は手術が行えません。手術は日帰りで行えるもので、麻酔をして人工歯根を埋め込みます。数か月後、人工歯根が骨とついたら、上にかぶせる歯の形をしたものを作ります。かぶせものをしたら、治療はいったんおしまいになります。しかし、噛みあわせなどのメンテナンスのために定期的に歯科医院でチェックをします。これが、インプラントのおおまかな手順になります。骨の状態にもよりますが、手術からかぶせものまで4~7カ月ほどかかります。