トップ / インプラントの仕上がり

インプラントの手術情報

インプラントでしっかり噛む

近頃の歯科治療では、インプラント治療がメジャーになって来ています。従来のブリッジ治療では、健康な歯を削る必要もあり、さらには他の歯への負担もかかるため支えきれず折れてしまうなど残った自分の歯も駄目にしてしまう可能性もありました。隙間もできるため、歯茎に食べ物が挟まってしまうこともありました。入れ歯でも、同様に挟まりやすく、違和感も大きいですし、動いたりはずれやすいなどのデメリットも大きい治療でした。それに対して、インプラントは他の歯を削る必要もなく、食べ物も詰まりにくく、まるで自分の歯のようにしっかりと食べ物を噛むことができる治療なのです。

いちごちゃん

自分の歯のような仕上がり

インプラント治療は、入れ歯やブリッジと違い、治療の際に他の歯に負担をかけず施術を行うことができます。歯がない状態のままでは、見た目や噛み心地だけでなく他の健康の歯を失うこともあります。施術方法は、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上部に人工歯を被せて歯の機能を補う治療法です。インプラント治療では、自分の歯と同じような噛む力と見た目の美しさを得ることができるため、近年この治療法を選ぶ人が増えてきています。また、周囲の歯に負担をかけずに硬いものを噛むことができたり、金属アレルギーの心配がほとんどないなどのメリットがあります。